伝産工房 仏具修理日誌 

伝統産業「高岡銅器・仏具」の現場より、仏具の修理を中心に日々のさまざまな出来事を発信します。

>>

日蓮正宗用 具足の修理

日蓮正宗用仏具の修理をご紹介します。

修理前1
正宗仏具Before400
花立て、長角香炉、茶湯器 (鶴丸紋入り)

一旦塗装を剥がした後、研磨してから塗装仕上げをおこないます。

修理後1
日蓮正宗仏具After400
ラッカーボカシ塗装仕上げ


修理前<拡大>
鶴丸花立Before400
このように塗装の剥がれが目立ち、一部緑色に変色していましたが…

修理後<拡大>
鶴丸花立After400
新品同様に甦りました。

修理前2
正宗仏具Before
火立て、香炉、ローソク立て、火消し、マッチ消し、線香差、仏器

修理後2
正宗仏具After
関連記事
Clip to Evernote

| 具足(その他) | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://densankoubou.blog.fc2.com/tb.php/440-742e145a

TRACKBACK