伝産工房 仏具修理日誌 

伝統産業「高岡銅器・仏具」の現場より、仏具の修理を中心に日々のさまざまな出来事を発信します。

<< 2015-10- | ARCHIVE-SELECT | 2015-12- >>

| PAGE-SELECT |

>>

土砂器の修理

土砂器の修理のご紹介です。

・土砂器について
真言密教の土砂加持法要などで使用される密教法具です。
清めた土砂を中に入れて使用します。


修理前
土砂器Before
表面のくすみが目立ちますが、表面の汚れを除去した後、研磨します。


修理後
土砂器After
<フッ素コーティング加工仕上げ>
最後に変色防止にフッ素コーティング加工を施しました。
周りの景色が映りこむほどに光沢が甦りました。
このまま耀きを保持したまま変色する事なくお使いいただけます。
関連記事
Clip to Evernote

| 密教法具 | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>>

銅鑼(どら)の修理

銅鑼(どら)の修理のご紹介です。

銅鑼は法会に用いる楽器の一種となります。


修理前
銅鑼Before1
経年の汚れや変色があります。いったん着色を剥離してからきれいに仕上げていきます。


割れ部分拡大
銅鑼割れ
打ち鳴らして使うため、このように経年の使用で亀裂が入る事があります。
着色剥離後に、亀裂部分を溶接し、全体を打ち直して生地を引き締め直したうえ、音色を調整します。


修理後
銅鑼After1
<割れ部分溶接修理、漆着色仕上げ>
最後に漆で再着色して仕上がりとなります。



関連記事
Clip to Evernote

| 梵音具(大徳寺・唐用りんなど) | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑