伝産工房 仏具修理日誌 

伝統産業「高岡銅器・仏具」の現場より、仏具の修理を中心に日々のさまざまな出来事を発信します。

<< 2011-09- | ARCHIVE-SELECT | 2011-11- >>

| PAGE-SELECT | next >>

>>

前具(一面器)の修理

 伝産工房修理日誌を書いている松本です。


前具(一面器)の修理作業をおこないました。
六器、仏器、華甁、塗香、舎水器、金剛盤、金剛鈴、火舎香炉、五鈷、三鈷、独鈷
という内容です。


主に真言宗などの密教寺院の法要でご使用になるお仏具です。



今回お預かりしたお道具は焼型製法で作られている上質のものです。


密教法具ビフォア 
Before
お預かりした段階の状態です。
全体的に色がくすみ、手前の六器の内側が茶色く変色しています。


密教法具1 
After
汚れを落とし、鏡面研磨した後、フッ素加工を施しました。
新品のような光沢がよみがえっています。
この加工により汚れを防ぎ、当面お手入れの心配はありません。


塗香器ビフォア 
塗香を入れるため、このように茶色く変色していることが多いですが…

塗香器アフター 

元通りのきれいな鏡面光沢がよみがえりました。新品さながらです。






伝産工房修理日誌をご覧頂きありがとうございます。


30年、1万件超の修理実績

金物仏具の事なら何でもお任せください



・金物仏具コーティング(セラミック加工・フッ素加工)
     メッキ、着色、塗装
     破損、水漏れ修理

・仏壇錺金具、寺院用仏具、建築金物、神輿金物の
 製作・加工・修理も各種承ります。



伝産工房ホームページよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事
Clip to Evernote

| 密教法具 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>>

瑞龍寺八丁道おもしろ市

伝産工房修理日誌を書いている松本です。


年2回開催のフリーマーケット「八丁道おもしろ市」へ行ってきました。


「八丁道」とは、富山県高岡市が誇る「国宝 瑞龍寺」と高岡の開祖である加賀藩二代藩主
「前田利長公」が眠る墓所を結ぶ八丁(約870m)の参道です。

利長公の命日である5月と、利長公の菩提寺として瑞龍寺を整備した三代藩主利常公の
命日にあたる10月に毎年開催されています。



瑞龍寺おもしろ市3 

高岡の町を開かれた加賀藩二代藩主前田利長公の銅像。
 もちろん地場伝統産業「高岡銅器」です。



瑞龍寺おもしろ市1 

毎回、屋台やフリーマーケットにたくさんの人が集まり賑わいます。
この日も朝からすごい熱気。



瑞龍寺おもしろ市2 

食べ物、骨董、衣服さまざまな店が並びます。
地場のおいしい野菜が安く買えるので主婦のみなさんも大満足の様子。



次回開催は来年5月の予定。
興味のある方は瑞龍寺参拝も兼ねて一度足を運んではいかがでしょうか?
関連記事
Clip to Evernote

| つれづれ日誌 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>>

菊輪灯の修理2


rindou-before.jpg
 rindou2-before.jpg 
  親釣(輪状部分)が付け根から折れている状態。
針金でグルグルに固定されていました。

また、緑青(青サビ)や油・ススによる汚れがベッタリこびりついていました。


rindou-after.jpg rindou2-after.jpg
付け根部分も銀ロウでしっかり固定されました。

不足部品の補充や破損部分の修理をおこない、
汚れをきれいに洗浄した後、金メッキ加工を施しました。

新品同様きれいに仕上がりこれで完成です。







伝産工房修理日誌をご覧頂きありがとうございます。


30年、1万件超の修理実績

金物仏具の事なら何でもお任せください


・金物仏具コーティング(セラミック加工・フッ素加工)
     メッキ、着色、塗装
     破損、水漏れ修理

・仏壇錺金具、寺院用仏具、建築金物、神輿金物の
 製作・加工・修理も各種承ります。


伝産工房ホームページよりお気軽にお問い合わせください。
関連記事
Clip to Evernote

| 各種修理例 | 17:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑