伝産工房 仏具修理日誌 

伝統産業「高岡銅器・仏具」の現場より、仏具の修理を中心に日々のさまざまな出来事を発信します。

| PAGE-SELECT | next >>

>>

寺院用 タレカブラ五具足の着色修理

タレカブラ五具足の修理作業が完了しました。








特定の宗派問わず、各派御寺院で使われる仏具で、着色(黒色)仕上げが多いです。


今回のご依頼は、広い範囲で緑青(ろくしょう・青サビ)が出ている状態でした🔍

一度表面を全て剥離して、細部の状態をチェック。
水漏れ箇所などないか確認してから、漆で再着色しました。

ここまで緑青が出る事は稀なケースですが、汚れや色褪せした仏具も、色ツヤある状態に再生可能です。


お困りの事がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい😃



ホームページはこちらから
ブログ用ホームページリンク・バナー_400

友だち追加
Clip to Evernote

| 具足 中口・獅子掛・象掛 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>>

寺院用 中口三具足の再研磨・コーティング

お客様より再研磨・コーティング加工でお預かりした具足の
写真をお送り頂きました。
ご用命頂き、誠にありがとうございました。



<再研磨・セラミックコーティング加工仕上げ>
Clip to Evernote

| 具足 中口・獅子掛・象掛 | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>>

寺院用中口獅子掛五具足の修理

中口(ちゅうぐち)具足は寺院用仏具で一般的な形式の具足です。
花立ての耳に獅子が掛かっているものを「獅子掛け」、
象をかたどった耳が付いているものを「象掛け」といいます。

修理前
IMG_2260.jpg
こちらは獅子が掛かっているので「獅子掛」の五具足です。
よくある事ですが、お預かり時は火立ての耳(獅子)が
2匹紛失して不足している状態でしたので同型の獅子を補充しました。

修理後
IMG_2469.jpg
研磨後、フッ素コーティング仕上げ。
再びきれいな状態になりました。

参考
IMG_2438.jpg
漆着色(鍋長色)の場合はこのような仕上がりとなります。


ニッケルメッキ仕上げの場合
図3
(花立て獅子なし)

電極メッキにて通常多くの場合は金メッキ仕上げにしますが、シルバー調に仕上げます。
このような仕上げはセレモニーホールの葬祭式場用などで主に用いられます。

金メッキの際にも、装飾用ではなくサビや腐食を防ぐ目的で、
下地被膜としてこのようにニッケルメッキを施します。








伝産工房修理日誌をご覧頂きありがとうございます。


30年、1万件超の修理実績

金物仏具の事なら何でもお任せください



・金物仏具コーティング(セラミック加工・フッ素加工)
     メッキ、着色、塗装
     破損、水漏れ修理

・仏壇錺金具、寺院用仏具、建築金物、神輿金物の
 製作・加工・修理も各種承ります。


伝産工房ホームページよりお気軽にお問い合わせください。

large.png
Clip to Evernote

| 具足 中口・獅子掛・象掛 | 08:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑