伝産工房 仏具修理日誌 

伝統産業「高岡銅器・仏具」の現場より、仏具の修理を中心に日々のさまざまな出来事を発信します。

| PAGE-SELECT | next >>

>>

寺院用 六角菱灯籠の修理②

前回(part1)に引き続き、寺院用六角菱灯籠の修理作業です。

ある程度完成した状態まで仕上げたあと、今回は取り付け先の御寺院での作業です。

IMG_8641.jpg

IMG_8637.jpg
菱灯籠の足の部分のパーツを取り付けています。

IMG_8644.jpg
骨組み部分も錆びを落とした後、塗装できれいに仕上げてあります。
それを本体に取り付けていきます。

IMG_8650.jpg
方向を間違えないよう本体を組み込んだ後、最後に上部のパーツを載せて完成!
あとは施工現場の職人さんに天井から吊り下げてもらって施工完了です。

Clip to Evernote

| 吊灯籠・瓔珞 | 08:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>>

寺院用 六角菱灯籠の修理①

寺院用六角菱灯籠の修理です。

写真にはありませんが、寺院天井から取り外し、引き取り後、パーツを分解・洗浄し、
表面の下地処理を行いました。その後、金箔を押して最後の組み立て作業の段階のご紹介です。

はめ込み開始1
和紙張りしたパーツを骨組みになった本体に取り付けていきます。

はめ込み作業開始2
上下左右の方向はもちろん、施主名や施工年月日など入っているパーツは
取り付ける方向も決まっているため、間違えないよう確認しながら作業を進めます。

部品はめ込み作業中3
下面が終わってあともう半面同じ作業をもう少し。。。
最後のあたりは手を入れるスペースが少なくなり作業が大変です。


両面はめ込み完成5
とりあえず完成です!
残りのパーツは現地にての取り付け作業となります。

Part2につづく
Clip to Evernote

| 吊灯籠・瓔珞 | 08:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>>

仏具修理 寺院用 神前灯籠(丁足) 金メッキ

Before(開口部)
開口部

After(開口部)
DSC00486.jpg

正面
正面
Clip to Evernote

| 吊灯籠・瓔珞 | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑